レンタカーの借り方と返却方法

レンタカーを使用したことがないという人ですと、借り方や返し方が分からず利用するのに不安を感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。そんな方でも安心して利用することができるように今回はレンタカーの借り方と返し方をご紹介します。

最初に予約をしておこう

直接、レンタカーのお店に行って車を借りることはできますが、借りる車種の選択肢を広げたいという場合は予め予約しておくことで安心できます。電話やネットなどで前もって予約をとっておくというのが基本なので、レンタカーを使う前々日くらいには連絡を入れておくことで選択する車種の幅も広がります。乗りたい車種がある場合は、まず忘れずに事前に予約を入れておいてからお店に足を運び車を借りましょう。

お店で受付をしよう

そして、レンタカーを借りる当日になったらレンタカーのお店まで直接足を運びます。まず、借りるために必要な手続きをします。この時免許証が必要になるので絶対に忘れずに持っていくことが必要です。受付を行った後は次に乗る車のチェックをしていきます。車体に傷がないかなどをお店の人と一緒にチェックしていきます。また、この時に聞きたいことなどがあった場合、スタッフに質問しておくとより安心してレンタカーを使用することができるでしょう。車体のチェックが終わったら車を使用することができるので、事故を起こしたりしないように気を付けながら利用しましょう。

返す際の手順

レンタカーを使用したら、お店に返しに行かなければいけません。まず、レンタカーは返す前に行っていかなければいけないことがあります。それは、ガソリンの補充です。利用時には補充されているにされているため、返す際にはまた補充をする必要があります。なので返しに行く前にガソリンを満タンの状態にしてから返却しに行きます。そして、お店に着いたら借りるときと同様に車体のチェックをお店の人としていきます。車体に問題がないということをチェックすればこれで、レンタカーの返却ができたということになります。さほど難しい方法ではないので安心してご利用してもらうことができます。

レンタカーを利用したことがないという人も、利用方法さえきちんとしっておけば問題なく安心して利用することができるので、これからレンタカーを利用する機会があるという人は今回ご紹介した情報を参考にしておくと借りたり返したりというのをスムーズに行うことができるでしょう。

コメントは受け付けていません。